ブックメーカーでの稼ぎに税金発生?

日本でもっとも盛んな賭け事には、競馬、競輪、競艇、パチンコなどがあります。基本的にこれらは現金決済ですから、税金を持っていかれたという例はありません。しかし、ブックメーカーで賭けて勝った場合は、税金に関して少し意識しておくことが必要になります。というのも、

ブックメーカーは海外で運営されているので、利用はそのすべてがほぼオンラインとなり、金銭のやりとりは銀行口座を経由したものになるからです。

気にしなければいけないのは額面の入金額に対してではなく、年間トータルで勝った金額、つまり利益です。一時的に100万円の入金があったとしても、トータルしてトントンである場合は考える必要はありません。つまり、利益に対して考慮が必要になるのです。国内でいう所得とは「利益」のことで、賭けるために掛かったお金は「経費」となり、それを差し引いた勝ち分をしっかりと計算しておくことが大切になります。

課税されるラインとしては利益が50万円を超えた場合で、そうなると一時所得として確定申告する必要があります。大きな金額のやりとりが銀行を介してあった場合、税務署はそのような銀行の記録を参照することになります。しっかりと安全にブックメーカーでの賭けを楽しみたいのであれば、この50万円のラインを意識してベットを楽しむことが大切です。50万円未満の勝ちであればまったく気にする必要はありませんから、あらかじめそのようにラインを引いておくのが賢い楽しみ方とも言えます。

と、いうのは建前で、実際にはうまくやってる人もいます。ブックメーカーは海外のサイトですし、自分の口座も海外なので日本の口座を経由しなければ海外での収入となるので日本に税金を払う必要がありません。

このサイトには書きませんのでご自分で調べてください。ちなみに自分は日本の口座を経由してるので税金払ってますが・・・orz